水虫についてどれだけの知識がありますか?身近に水虫の人がいる方も少なくないと思いますが、水虫ってなんだと言われると答えられないと思います。水虫の話をしていきたいと思います。

水虫の色々な体験談

水虫対策は共用しないことと、乾くまで日光消毒が大事

水虫は白癬菌と言うカビが、原因の皮膚の病気です。この白癬菌は足の裏の皮膚の角質ケラチンを食べながら増殖していきます。白癬菌は、湿気が多く暖かい環境が大好きなので、夏になると症状に悩む人が増えるのです。

水虫と言えば、ポツポツと皮が剥けて激しい痒みがある症状や、ジュクジュクして爛れると言う症状を思い浮かべる人が多いでしょう。これらは、それぞれ「小水疱型」と「趾間型」と言う水虫です。それとは他に、あまり知られてはいませんが「角質増殖型」と言う種類があります。この水虫は、痒みなどの症状が無く、足の裏の皮膚が厚くなると言うのが特徴です。本人も水虫と言う自覚が無い場合が多く、知らない間に他の人にうつしてしまう事もあるので注意が必要です。他にも、爪に感染する爪白癬と言うものもあり、これは、爪が変色するのが特徴で痒くなったりと言う事はありませんが、治療には飲み薬を飲む必要があります。

水虫は、一旦感染してしまうと治療に時間がかかるので、きちんと予防する事が大事です。不特定多数の人が使う温泉やプールに置いてある共用の足ふきマットは、感染の原因になるので、なるべく使用しない方が良いでしょう。家族の方に水虫の人がいる場合には、タオルなどは別々に使用するようにします。洗濯する時にも別々に洗濯して、乾くまで日光に当てて良く消毒しましょう。足ふきマットや、スリッパも共用しないように気を付けて、こまめに日光消毒しましょう。

一旦、水虫になってしまったら専門の皮膚科を受診するのがお勧めです。受診する時間の無い方は市販の薬を使用してみる事も一つの方法ですが、なかなか回復の兆しがない場合には、やはり病院で治療した方が良いでしょう。一旦回復したように見えても、完治してない場合も多い病気なので、完治するまできちんと治療しましょう。