水虫についてどれだけの知識がありますか?身近に水虫の人がいる方も少なくないと思いますが、水虫ってなんだと言われると答えられないと思います。水虫の話をしていきたいと思います。

水虫の色々な体験談

赤い発疹が出る事もある水虫~対策はコットンの靴下~

水虫といえば、とにかく痒いというイメージが定着しています。
確かに発症すると強い痒みに襲われますが、中には赤みを帯びた小さい発疹が症状として現れるケースもあります。
発疹が出るタイプの水虫は、小水疱型と言われており足の側面や、土踏まずといった部分に発症しやすいのが特徴です。
一見すると他の皮膚病と見間違えてしまう事もあるようです。
ただ、発疹だけでなく強い痒みが出る事がほとんどです。
痒みのあまり搔き毟ってしまい、皮膚を傷つけてしまうケースも少なくありません。
搔き毟って出来た傷から雑菌が侵入すると、2次感染を引き起こし膿が溜まる、足が腫れるなどの症状が出る事もあるので注意が必要です。
もし、足の裏に赤みを帯びた小さい発疹が出来た場合、自己判断せず皮膚科に相談しましょう。
そこで水虫を発症していると診断が確定したら、抗真菌成分を配合した外用薬で治療を行います。
最近の抗真菌成分は効き目に優れており、1日1回ケアしただけ抗真菌成分が水虫の原因となる白癬菌に作用します。
特にお風呂上りは患部も清潔で、皮膚もふやけているのでより抗真菌成分が浸透しやすい状態です。
外用薬でケアする際は、お風呂上りがおすすめです。
ただ、水虫は完治してもまた再発してしまう恐れがあります。
水虫を引き起こす白癬菌に再度感染してしまうと、また水虫になってしまうのです。
ですので、完治した後はしっかり予防を行いましょう。
予防法としておすすめなのが、コットン製の靴下を履くという事です。
白癬菌はカビの仲間という事もあり、湿度が高い場所を好みます。
コットン製の靴下は通気性が良いので、足の蒸れを軽減してくれるのです。
特に皮靴など通気性の悪い靴を、長時間履く機会が多い方はコットン製の靴下を履いて予防する事がおすすめです。